Adele最新曲「Hello」で学ぶ役立つ英語フレーズ5つ

  • zico

hello

英語学習、無理なく楽しく続けたいですよね!

そこで今回は最新の全米チャートから1位(2015年11月第二週)のAdeleの「Hello」を取り上げてみたいと思います。では、まずはYouTubeの動画をチェックしてみましょう。

なかなか聞き取りやすいですね。中身を詳しく見ていきましょう。

azlyricsによると英語の歌詞は以下の通りです。

Hello, it’s me
I was wondering if after all these years you’d like to meet
To go over everything
They say that time’s supposed to heal ya, but I ain’t done much healing

Hello, can you hear me?
I’m in California dreaming about who we used to be
When we were younger and free
I’ve forgotten how it felt before the world fell at our feet

There’s such a difference between us
And a million miles

Hello from the other side
I must’ve called a thousand times
To tell you I’m sorry for everything that I’ve done
But when I call you never seem to be home

Hello from the outside
At least I can say that I’ve tried
To tell you I’m sorry for breaking your heart
But it don’t matter, it clearly doesn’t tear you apart
Anymore

Hello, how are you?
It’s so typical of me to talk about myself, I’m sorry
I hope that you’re well
Did you ever make it out of that town where nothing ever happened?

It’s no secret that the both of us
Are running out of time

So hello from the other side
I must’ve called a thousand times
To tell you I’m sorry for everything that I’ve done
But when I call you never seem to be home

Hello from the outside
At least I can say that I’ve tried
To tell you I’m sorry for breaking your heart
But it don’t matter, it clearly doesn’t tear you apart
Anymore, ooooohh
Anymore, ooooohh
Anymore, ooooohh
Anymore, anymore

Hello from the other side
I must’ve called a thousand times
To tell you I’m sorry for everything that I’ve done
But when I call you never seem to be home

Hello from the outside
At least I can say that I’ve tried
To tell you I’m sorry for breaking your heart
But it don’t matter, it clearly doesn’t tear you apart
Anymore

英語の歌詞の和訳が知りたい方はwao-magさんのサイトをご覧ください。

この曲は私たちにも身近な電話での会話がモチーフとなっている、過去の恋愛を歌ったものです。Hello、how are you?などなじみ深いですね。ではそのほかの役立つフレーズを解説していきます。

スポンサーリンク

1.I was wondering if~

この「Hello」では、単にwonderの過去進行形で「思っていた」という意味ですが、会話では丁寧な依頼の表現として使われます。

I was wondering if +仮定法で「~していただけますか?」という意味です。

以前外国人の同僚に

”I was wondering if you could help me out?”

と掃除を手伝ってとお願いしたところ、気持ちよく引き受けてくれました。

2.I’m sorry for everything

謝りすぎの日本人と言われますが、こちらもフレーズとしては便利です。

このバリエーションとして個人的に使えるなと思っているのは

”Thank you for everything.”

です。友人との別れ際や仕事でお世話になった同僚への感謝と幅広く使えます。

3.It’s so typical of me

歌詞では「いつもの私よね」という意味ですが、この “It’s A of B”も使える構文です。

Bの人を説明する形容詞がAに入りますが、よく外国人の方にやさしくすると

”It’s so nice of you!”
”It’s very kind of you!”

などと感謝されます。ぜひ”It’s A of B”構文を使って、外国などで親切を受けたときに使ってみましょう。

4.I hope that you’re well

中学で習う挨拶は”I’m fine”ですが、外国人の同僚のメールにはよくこの

“I hope you are well.”

と入っていました。Weblioによると、fineは口語であり、wellはフォーマルな文語であるようです。なので、メールではぜひ相手を気遣う”I hope you are well.”を使ってみてください。

fine

【叙述的用法の形容詞】 《口語

5.make it

このmake itもよくアメリカのドラマやビジネスの場で耳にします。

make itには3つの意味があります。

「Hello」では、~できたかな?という意味の(1)のmake itが使われています。

make it

(1)はよく「やったー!」という感じで”We made it!”と使われています。

(2)は締切や約束の時間に間に合わないときに、”I can’t make it to the appointment.”などと使われます。

(3)はパーティなどに「来れる?」といった感じで”Can you make it?”と使われています。

以上、Adeleの最新曲「Hello」から使えるフレーズと構文を取り上げました。英語の曲で文法を覚えると驚くほど頭に残りますよ。試してみてください。