英語が聞き取れない理由とは?リスニングに語彙力は重要ではない

  • TATSUYA

英語 リスニング

こんにちは。私は現在大学で英文学科に所属しており、去年まで長期で海外留学に行っていました。

最近、英語力をつけようと英語学習に励む方々がたくさんいらっしゃると思います。

しかし、私自身もよく相談されますが、どうすれば英語が聞き取れるようになるのかわからない、というように感じている人は少なくはないでしょう。

そこで今回は、リスニング力を向上させるための効率のいい練習法を説明したいと思います。

スポンサーリンク

1. 「英語が聞き取れないのは語彙力がないから」は間違い?

英単語

よくこう思われている方は多いのではないでしょうか。

聞き取れないのは、聞いたことがない単語が多いからであるからである。だからまずは語彙力を上げようと、単語帳をじっくり睨む。

確かに、英語を聞き取るには語彙力も必要ですが、リスニング練習には効率がいいかというと、そうではないでしょう。

こんな経験をされたことはありますか?

ある英語の音声を聞いていて、何と言っているのか部分部分でしか理解できず、内容を理解できないが、後でその音声のスクリプトを読んでみると、そこまで聞いたことがない単語はなく、文法もさほど難しくはない。

実は、わからない単語があることは、英語を聞き取れないことの大きな理由ではないのです。

2. ひたすら英語を聞こう

英語のシャワーを聞く女性

結論を言うと、リスニング力を高めるためのもっともな近道とは、ひたすら英語を聞くことです。

私たちが日本語を取得したのは、赤ちゃんの時からこのような練習を積み重ねてきたからなのです。できるだけ、英語を耳で聞く時間を増やすことが大事になってきます。

聞いている英語を理解できるかどうかというのは、はじめのうちはそこまで気にしなくても大丈夫です。

とにかく、たくさん英語のシャワーを浴びまくることが狙いなのです。

やがて、耳も徐々に「英語の耳」になっていきます。これがリスニング力を高めるもっともな近道なのです。

映画、海外ドラマ、ニュースなど、なんでもオッケー!

英語の音声をたくさん聞く教材として、映画から、海外ドラマ、ニュースなどまでどんなものでもいいです。

できれば、あまり訛りの激しくない英語を扱うといいでしょう。

TV showであれば、例えば、Friends, Prison Break, またはSimpsonsなどが向いていると思います。

個人的にはGame of Thronesが大好きなのですが、あれは英語が難しすぎてちょっと適していないかも。

あるいは、BBCが、英語リスニング練習のアプリやポッドキャストを配信しているので、そういったものも適しているでしょう。

しかし、ここで一つ注意しなければいけないポイントがあります。

それは、音声を聞いている間は、スクリプトを読まないことです。

何も見ないで音声だけに頼って、どんなことを言っているのかを理解する練習を繰り返してください。

そのあとでスクリプトを見ながら答え合わせをする分にはオッケーですが。もしこれを読みながら聞いてしまうと、どうしてもスクリプトに集中してしまうのです。そうすると、それはリスニングの練習ではなく、リーディングの練習になってしまうのです。

リスニング練習の際は、このようなことを避けるために、できるだけ読みながらはしないように頑張ってみてください。

個人的には、FriendsやSimpsonsがおすすめです。私も最初はこれらを使って聞く練習を繰り返しました。そうすると、だんだん耳が英語に慣れてきたのです。

終わりに

いかがでしたか?

英語を聞き取るために必要なのは、耳を英語に慣らすこと、「英語の耳」になるように練習することです。

単語を覚えることも大切な練習ではありますが、それはその次の話なのです。

もし、これから留学を経験するという方がいらっしゃるのであれば、是非このことを覚えておいてください。

2、3か月続けると耳が慣れたことを実感するでしょう。是非参考にしてみてください。