英語・英会話の1音集中トレーニング~ /ŋ/ の発音~

  • c117ru

ŋの発音

この記事では英語発音 /ŋ/ の音にスポットをあて、読み終える頃には /ŋ/ をマスターすることを目的にしています。

日本語と英語では発音の際使う筋肉が大きく違います。陸上競技と水泳競技くらい違います。優秀な陸上選手も、泳ぎ方を知らなければ泳げません。今、英語の発音に自信がないあなた、大丈夫。上手くできなくて当たり前なのです。

英語発音の /ŋ/ は、例えば進行形の “ing” に含まれます。私たちはカタカナ表記の「イング」につられ、母音のついた発音になりがちです。そこで今回は、次のように進めていこうと思います。

  • 日本語と英語の違いを説明
  • 英語発音 /ŋ/ の発音の仕方を解説
  • /ŋ/ の音を視聴
  • /ŋ/ の発音練習を3パターン

日本語と英語の発音方法の違いを知り、最短で /ŋ/ をマスターしましょう!

スポンサーリンク

1.英語の発音は、日本語と別物!

さぁ、それでは始めましょう!

まず始めに、「swimming」(水泳)を発音してみてください。

ingの部分、最後に「グ(gu)」と発音していませんか?聞こえる音が「イン」もしくは「インg」でしたらOK!この記事は必要ありません。

「グ(gu)」の音が聞こえた方。まず下の動画を見てみてください。

もう1つ。こちらはkingの発音です。(以下使い方)
king pro

聞こえる音は「キン」ですね。

次のリンクは、swimming の発音。

こちらでは、「スゥイミング」と聞こえるようですが、guの発音ではなく、gの子音の音。舌で止めていた空気が通るときに出る音です。(詳しくは2-1参照)

swimming、kingは、スイミング、キングと表すため、つられて「イング」と発音しがちですが、実際は「スゥイミン」または「スゥイミンg」といった感じです。(カタカナで表すのは大変に難しいのですが、敢えて表すと)

2. /ŋ/ 発音方法 

/ŋ/ の発音は ng のスペルに多く使われます。語尾に多く使われますが、 language(言語)など、語中にも現れます。

また、bank /bæŋk/(銀行), uncle /ˈʌŋ kəl/ (飲む)等 nの後に /k/ の音が来る場合も /ŋ/ の発音になりますが、私たちは自然とこの発音になっていますので気にしなくて大丈夫です。問題は ng スペル時の発音です。

それでは もう少し /ŋ/ の発音を掘り下げましょう。

2-1.-英語の /ŋ/ -

/ŋ/は、専門的に軟口蓋音・鼻音です。

ŋ 図

舌の後部が持ち上がり、上あごの軟口蓋にあたり息の流れを止め、鼻から空気が抜けます。

日本語では、「案外」や「あんこ」などンのあとにカ行・ガ行の音が来るときにこの発音になります。 

発音時の舌の動きはこのようになります。

/ŋ/ 発音時はこのポジションで終わるか、自然に戻します。

このポジションで終わった場合はグの音は聞こえません。しかし、自然に戻したときに、舌でとめていた空気が抜けるときにグらしき音がでます。→swimminig
この時注意していただきたいのは、最後のグらしき音は g の発音であり、gu ではありません。

日本人の癖である母音を付けないように気をつけてください。

3.anger, singer のnger発音の違い

ここで、もう一ひとつ掘り下げます。細かい内容になって申し訳ないのですが,
anger/ˈæŋ gər/ (怒り)
singer/ˈsɪŋ ər/ (歌手)
二つの単語の nger は発音が違います。リンクの音声を聞いてみてください。

anger は、/ŋ/ の後にgの音が入りますが、singerは /ŋ/ のあとərに続きます。
/ŋ/ の後にg が入るかがポイントです。

erが接尾語 として使われているかどうかで分かれることが多いようです。

4.発音・練習

storngのngを歌に乗せて練習します。絵と歌がマッチして面白いですよ。

どんどん練習してください。

語中に /ŋ/ 音が出てきます。

以上、/ŋ/ 発音のが上達したはずです。/ŋ/の音の発音が上手くなれば、聞き取りも上達!一石二鳥ですね。

5.録音と自分の声のリスニング

今回練習した /ŋ/ の音ですが、ぜひこの機会にご自身の声を録音し聞いてみてください。

私の最近のお勧めはビデオ録画。音と自分の口の様子を同時に確認できます。思っているよりも口が開いておらず、また左右に曲がって開いていて驚きました。皆さんも是非試してみて下さい!

それでは、ここでコラムです。一休みしましょうね。

~世界人口約70億人のうち、25%の約17.5億人が英語人口~

今の世界人口はだいたい70億人といわれていますが、そのうちのだいたい4人に1人が、実用レベルで英語を使っている「英語人口」だといわれているそうです。すごくないですか?英語ができれば世界中の4人に1人と自由に意思疎通ができるんですよ!

たかが英語されど英語 おとなの英語習得法

6. /ŋ/ の格言

おまけです。/ŋ/ の音を使った格言をどうぞ。

Never lose an opportunity of seeing anything beautiful, for beauty is God’s handwriting. — Ralph Waldo Emerson
(何であれ美しいものに出会う機会を逃してはいけないよ、美は神の書き表しである故。)

Translate and Speak で発音の確認が出来ます。

7.まとめ

今回は英語発音 /ŋ/ の特集でした。日本語のカタカナ表記と英語の実際の発音の違い、発音の方法、実践で /ŋ/ をトレーニングしました。進行形のing は英会話にも登場機会が多いので、是非、練習の成果を試してくださいね。

先日、英語の先生に「日本人の英語で聞き取りづらいポイント」を聞きいてみました。

  • カタカナ英語(ハイテンション等意味が分かりづらい)
  • 子音に母音がついてしまうこと。

が挙がっていました。
う~ん、悩ましきカタカナ表記!
よし!カタカナと英語の発音の違いを逆手にとって楽しんじゃおう!とこれからも1音を掘り下げて特集していきたいと思います。

自信を持って、楽しく、果敢にLet’s talk in English!頑張ってください。

*同じ鼻音の /n/ の発音はこちら→英語・英会話の1音集中トレーニング~nの発音~

感謝