英単語を効率よく覚える6つの方法

  • たかに

単語帳を持つ女子高生

英単語を覚えるのはとても退屈な単純作業のように感じるため、あまり好印象を持っている人はいないと思います。

しかし、あまり好まれない作業だからこそ、いかに効率的かつ時間をかけないために工夫を行う必要があります。

そこで、英単語を効率よく覚えるための方法をご紹介します。

スポンサーリンク

1.英単語を覚える目標を明確にする

1つ目は、大前提として英単語を覚える先を明確にすることです。

英単語を覚えることを通して、テストでいい結果を取りたい。たくさんの英単語を知ることで、海外で生活できるような語学力を身に着けたいなど、それぞれの目的があると思います。

ただ、英単語を覚えることだけを考えるだけでは、途中で投げ出してしまいかねません。まず最初に、英単語をなぜ覚えたいのかを明確にしましょう。

目標が定まったら自分が毎日目にする箇所に目標を書き出しておくと、一層いい結果になるでしょう。

2.学習の習慣をつくる

2つ目は、1日の中で英単語を覚える時間を決める。人間が何かを記憶するためには、慣れが必要不可欠です。

どんなに優れた人でも、見た瞬間に何かを覚えるのは不可能です。これは英単語に関しても同じであり、まずは毎日継続して英単語を見続けるということを行う必要があります。

最初のなれないうちは辛いと思いますが、短い時間でも毎日繰り返すことで英単語を覚える作業が生活の習慣になります。

英単語を継続して覚えることに慣れた後は、自分の生活の一部として、1週間単位でどの程度新しい単語を覚えることが出来るかを設定することをお勧めします。

3.覚えたい英単語をアウトプット

3つ目として、覚えたい単語で英語で文章を書くことをしてみる。

英単語を覚えることは、ある程度、単純作業という側面が強いです。先ほども紹介したように、英単語を覚えることは、何かの目標を実現するための手段です。ただ覚えて頭にインプットをしただけでは意味がありません。

そこで、覚えたい英単語を使った文章を作成してみてください。最初は正しい文章でなくとも問題ないので、とにかく覚えたい英単語を自分なりにアウトプットしようと脳に働きかけることが重要です。

自分なりに英単語を使ってみようとすることで、印象に残りやすくなり定着してくれる可能性が高まります。ついつい英単語を覚えることが目的となってしまう中で、自分なりのアウトプットの場面を作ってあげることで、忘れづらくなります。

4.点ではなく面で覚える

4つ目は、覚えたい単語の類似単語も余裕があれば覚えることです。

日本語と同じように英単語にも似たような単語は存在してます。ここでも、英単語を覚えることを目的にしてしまうと点と点で英単語を捉えがちになってしまいますが、あくまで最終的な英単語を覚えた先をイメージすることが重要です。

学校のテストの場合は、1つの回答を答えなくてはいけませんが、アウトプットを行う際には必ずしも正解はありません。そのことを考えた際には、似た単語も一緒に覚えることで、英単語を点として覚えるだけでなく、広く連想させて覚えた方がいいです。

5.完全な記憶定着を諦める

5つ目は、そもそも忘れることを前提にして、完全な記憶定着を諦めておくことです。

本末転倒なように思えますが、何かを覚えようとする上で完全に覚えることを諦めることで気持ちがとても楽になります。

人間は、一度で完全に覚えようとすることで、無意識的に脳にストレスをかけてしまうことになります。こういったストレスは、覚える上で不必要です。

忘れてしまったら、もう一度覚え直せばよいという気楽な気持ちを持つことで、肩の荷がおり英単語を覚えることに向かいやすくなります。

6.ノートに知らない単語を収集

最後に紹介するのは、英単語を覚えることを通して、自分独自で知らない言葉を収集し1か所のノートにまとめておくことです。

1か所にまとめておくことで、ふと気になった時にすぐに確認出来るようになります。

また、先ほど書いたように忘れることを前提として覚える場合に、困った時にすぐに確認できるという安心感に繋がります。

英単語を覚えるのは、楽なことではないと思います。だからこそ、覚える目的を明確にして、効率的に覚えるように心がけることをお勧めします。