日本人は英語が苦手?気になる英語力ランキングでの順位

  • mamemo

日本

日本人は英語が苦手だとはよく言われますし、正直コンプレックスに感じている部分もありますが、実際のところはどうなのでしょうか?

スウェーデンにある教育機関が毎年発表している世界各国の英語力ランキングをもとに、日本人は本当に英語が苦手なのか検証してみましょう。

スポンサーリンク

EF EPIとは?

スウェーデンで発足したEF(Education First)という教育機関が毎年世界63の国と地域を対象に英語力調査をおこなっているのですが、その調査結果をもとに発表されるのが今回ご紹介する“EF EPI英語能力指数(EF EPI)”です。

この調査は、英語を母国語としない国の大人を対象とする世界最大の英語力調査で、75万人のデータをもとに作られています。もちろん日本も調査対象となっています。

こういった世界規模の調査は類を見ないため、その結果は世界中の政府や企業に活用されています。

EF EPI英語能力指数調査結果を見てみよう

それでは、2014年の結果をもとに解説していきましょう。

調査の結果は、英語力の高い順に5段階にグループ分けされたうえでランキングされます。

  1. VERY HIGH PROFICIENCY
  2. HIGH PROFICIENCY
  3. MODERATE PROFICIENCY
  4. LOW PROFICIENCY
  5. VERY LOW PROFICIENCY

上位には北欧諸国が

栄えある1位となったのはデンマークでした。次いで、オランダ、スウェーデン、フィンランド、ノルウェー、ポーランド、オーストリアが最上位である「VERY HIGH PROFICIENCY」に名を連ねています。

7カ国中4カ国が北欧という点は注目に値するでしょう。これら北欧の国々は長年にわたり上位となっているのですが、英語教育が優れていることもさることながら、英語圏のテレビ番組を日常的に視聴していることなどもその英語力の高さに影響していると分析されています。

やはり子供の頃から日常的に英語に触れる環境が大事なのでしょうか?

ヨーロッパ>>アジア>ラテンアメリカ、中東・北アフリカ

「VERY HIGH PROFICIENCY」となった7カ国を含む上位10カ国はすべてヨーロッパの国々で占められています。これらの国々は他の地域よりはるかに英語力が高く、年々改善が見られています。

アジアの国々は12位で「HIGH PROFICIENCY」となったマレーシアを筆頭に61位で「VERY LOW PROFICIENCY」となったカンボジアに至るまで他の地域と比べても英語力にかなりバラツキがみられます。

ラテンアメリカは15位で「HIGH PROFICIENCY」となったアルゼンチンと23位で「MODERATE PROFICIENCY」となったドミニカ共和国を除き、すべて「LOW PROFICIENCY」または「VERY LOW PROFICIENCY」、中東・北アフリカに至っては32位で「LOW PROFICIENCY」となったUAEを除き、すべて「VERY LOW PROFICIENCY」とかなり英語が苦手という結果となっています。

日本は何位?

さて、気になる日本の順位はどうなのでしょうか。日本は26位で「MODERATE PROFICIENCY」となりました。文字通り“中程度”の英語力で、世界で見てもアジアで見ても“中の上”と言った結果になりました。なんとも日本らしいと感じてしまうのは私だけでしょうか?

近隣諸国と比べてみると、韓国は24位、台湾は30位、香港は31位で揃って「MODERATE PROFICIENCY」、中国は37位で「LOW PROFICIENCY」という結果になっています。

アジアで特筆すべきはインドネシアの英語力の伸びが著しいことで、アジアの中では日本に次ぐ28位となっています。また、タイやベトナムについても近年の伸びが著しいようです。

日本をヨーロッパ諸国と比べてみると、スペイン(20位)やポルトガル(21位)よりは英語力は低いものの、イタリア(27位)やフランス(29位)よりは高い結果となりました。これらの国々の人は英語がすごく得意な印象もないですが、すごく苦手な印象もないですよね。

ということは、日本人も他の国々の人からはそのように思われていると言って良いのかもしれません。もしかしたら私たちは苦手だと思い込んでいるだけかもしれませんね。

終わりに

日本の順位を高いと感じましたか?それとも低いと感じましたか?

私個人としては、自分たちで思っているほど低くないなと感じたというのが正直なところです。苦手意識を捨てて、もっと胸を張って英語を使ってみようかなという気になりました。

今回ご紹介した、国や地域ごとの分析だけでなく、男女別の結果(ほとんどすべての国で女性の方が男性よりも英語力が高かったそうです!)や英語力と経済力の相関関係など興味深い分析が数多くおこなわれています。

2015年の調査結果も近々発表されるので目が離せません。はたして日本の順位は上がるのでしょうか?私たちも英語を勉強することで日本人の英語力アップに貢献したいですね。