効果的に英単語を覚えるには?

  • saorino

英単語

英語学習において、一番地味でつまらないなぁと思うことは、英単語を覚えることかもしれません。

しかし、英語力の向上に語彙力アップは必須です。

英文を読んでも、知らない単語ばかりでは、当然その文章の意味は理解できません。もちろん、読んでわからない英語は耳で聞いてもわかりません。

英検やTOEIC対策のために、単語の本を買って、コツコツ覚えている人も多いと思います。それでも、なかなか覚えられない、また、もともと暗記が苦手だという人のために私が効果的と思う英単語習得法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

英単語は日本語訳とセットで口に出す!

まず大事なのは、単語を覚える時には、その単語を何度も口に出し言ってみる、手を動かして何度も書いてみるということです。目で見るだけ、頭の中で唱えているだけでは、効率も悪く、記憶もなかなか定着しません。英語だけでなく、何を覚えるにも、五感をしっかり使うのが良いとはよく耳にしますね。

例えば、「sanction:制裁」という単語を覚える場合、「sanction:制裁」と何度も口に出して言ってみましょう。ここで大事なのは、必ず日本語訳の「制裁」も口に出して、「sanction:制裁」というのをひとまとめにして発声することです。

通訳者の訓練の一つに、クイックレスポンスというものがあります。これは、例えば「sanction」という英単語を聞いた時に、瞬時に「制裁」という日本語訳が口から出るようにし、また逆に、「制裁」という日本語を聞いても、すぐに「sanction」という英単語が出てくるよう訓練するというものです。

具体的なクイックレスポンスのやり方については、こちらのサイトが役立つと思います→http://interpreter.kane-tsugu.com/quick.html

英語学習の初心者、中級者では、英語を話す時、一瞬でも頭の中で日本語で考えて、それを英語に訳してから話していると思います。

よく英語で考えて英語で話すという、「英語脳」論がありますが、これはかなり高い英語力を持っている人ができることではないかと思います。

なので、先述したように、「sanction:制裁」というのをひとまとめにして覚えておくと、英語を話している時に頭の中に「制裁」という日本語が浮かんだ瞬間に、すぐに「sanction」という英語が口から出てくるようになるのです。

それから、同時に何冊もの単語の本に手を付けるよりも、1冊の本を徹底的にやることをお勧めします。

TOEICのスコアアップを狙うなら、TOEIC用の本を、英検に受かりたいなら、英検用の単語本を選ぶのもいいですし、試験対策でないなら、自分が必要になりそうな単語、自分が興味のある分野の単語を集めて、独自の単語帳を作ってみてもよいでしょう。

最後は反復と根気!

英単語を覚えるのに必要なのは、とにかく反復と根気です!

一度覚えたのに、しばらくしたらすっかり忘れていて落ち込んでしまう・・・ということもあると思います。

でも大丈夫です。忘れたらまた覚えればよいのです。

2回目に覚える時は、1回目よりもスムーズに覚えられると思います。それでも忘れてしまったら、また、3回目、4回目と根気よく覚えていきましょう。すると、その単語はいつしか頭の片隅に残るようになります。

そんな時、英語ニュースを聞いていたり、英文を読んだりしているときにその単語に出くわすと、「あっ!これ覚えた単語だ!」と思って、頭の片隅にあっただけの単語にヒットします!この瞬間、その単語の記憶は定着し、その後は簡単には忘れないでしょう。

おわりに

もしも、外国人と話す機会があればどんどん覚えた単語を使ってみましょう。

ネイティブの前で使ってみると、使い方を間違えていたり、その場にふさわしくない使い方をしていたら、指摘してもらえるかもしれません。実際に見聞きしたり、会話で使ってみることで、単語は自分のものになります。

さあ、今日もコツコツ覚えて、どんどん使ってみましょう!