洋画・海外ドラマで英会話力をあげる勉強法

  • yuki1012

映画

いくら英語の勉強をしても、ネイティブの喋っている英語は全く分からない…。

それは、英語の授業や参考書についてくるCDでは、ネイティブの喋る英語は勉強できても、日常生活のくだけた表現が学べていないからかもしれません。

教材や授業で学ぶ英語は、基本的に固い表現が多く、初心者向けにちゃんと聞こえるようにナレーターがはっきり喋るので、実際に生の英語に触れた時に分からなくなってしまうのです。

そこで、くだけた英語が登場して、なおかつ楽しく学べる映画やドラマを利用した英会話の勉強方法をご紹介します。

スポンサーリンク

映画やドラマで勉強するメリット

映画、ドラマを利用した英会話の勉強で効果が期待できるメリットは以下のようなものが挙げられます。

  • 楽しみながら勉強できる
  • 海外の文化などもあわせて勉強できる
  • 海外英語特有のカジュアルな表現を学べる

英会話というと「駅前留学」や「ネイティブの人と会話」といったイメージを持たれる方もいると思いますが、映画やドラマであれば気軽に勉強できるといったメリットもあります。

しかし、やり方を間違えると、ただの映画鑑賞やドラマ鑑賞になってしまいますので注意しましょう。

では、どんなやり方で進めていけばいいのでしょうか?

英語力をあげる4ステップ

ここから、具体的に映画やドラマで英語学習をする方法をご紹介します。

1.内容理解

まずは、その作品の内容を理解するとこから始めましょう。字幕や吹き替えを利用して、どういうストーリーなのかを把握しておきます。

これからリスニングをするわけですから、まずは意味の理解よりもどんな英語を喋ったのかが分からないといけませんが、先に内容を理解をしておくことで後で聞いたときに、意味がスッと入ってきます。

2.音を聞きとる

内容理解が終わったら、音を聞き取ることに集中してもう一回見ます。

この時にできるだけ音に意識を向けるので、その英語がどんな意味かを考えすぎないでください。

最初は会話のスピードに慣れず、ついていけないかもしれませんが日本語での意味を考えているとさらについていけなくなってしまう可能性があるからです。

また、何回も繰り返して見ていくなかで聞こえない英語が出てきても、映像をストップしないでください。英語初心者の方は特に最初は大半が聞こえないと思いますが、繰り返し聞いていくうちにだんだんと耳が慣れてくるようになります。

3.英語字幕を見る

ここまでやっても、まだまだ完全には音が聞こえないという箇所がいくつもあるでしょう。

なので、もう何回聞いても分からないと思った時点で「英語字幕」を出して、もう一回見てみます。これで実際に登場人物が何を喋っているのかが分かります。

自分が聞き取れていたと思っていたところも、全然違ったということに気づくでしょう。

4.音読

最後に音読をします。英会話をするにおいて大切なイントネーションや発音の仕方を確認するためです。

やり方は英語字幕を出した状態で、できるだけ登場人物の発声に合わせて、発音やスピードも同じようにセリフを言ってみるという感じです。

実際に声に出していってみることで、ネイティブがどのような感覚で喋っているのかを体感してみましょう。

どんな映画・ドラマを選ぶ?

英会話を目的に学習することを考えると、どのような映画やドラマを選べばいいのでしょうか?

もちろん好きな映画があれば、繰り返し何回も見るわけですから学習に向いているかもしれませんが、少なくともジャンルは絞っておいた方がいいでしょう。

オススメなのは「日常モノ」です。

アクションやSFでは全てとは言いませんが、戦闘シーンなどが多く、生の英会話を学習するには向いてないでしょう。

作品を選ぶ際には、このことをポイントとして注意してください。