【上級者向け】英語力向上のためには、もう英語を習うな!

  • mamemo

英語上級者

英語上級者のみなさんは、すでにTOEICなどのテストで高得点を取ったり、英会話スクールでもさまざまなコースを終了したりして、英語力をさらに向上するための次の一手を求めているのではないでしょうか?

でも、留学やワーホリで海外に行ってチャレンジをするのはハードルが高いし、海外とのやり取りをする部署への異動や海外駐在といった機会もそうそう都合よく訪れるものではありませんよね。

そこで多くの人は英会話スクールで同じようなコースを繰り返し受講したり、英語教材を際限なく購入してしまうのではないでしょうか。

しかし、私はその人たちに言いたいのです。英語力をひとつ上のレベルに持っていきたいのであれば、もう英語を習うのはやめなさい、と。

スポンサーリンク

英会話スクールや英語教材は万能ではない

極論に聞こえるかもしれませんが、英会話スクールや教材に頼ることには限界があります

なぜならば、実際にネイティブスピーカーが日常的に使う英語は英会話スクールや教材から学べる通りとは限らないのです。これは日本語で置き換えると想像しやすいですが、例えば日本語のスラングと言える「マジ」や「やばい」などはおそらく日本語のテキストは教えてくれないでしょう。でも、私たちは日常会話で当たり前のように使っています。これは極端な例でしたが、例えば会話のスピードや雑談における表現、さらに専門的なボキャブラリーなどは英会話スクールや教材で習える内容と実際のものとの間には埋められない溝があります。

それでは、すでに上級者といえるみなさんがさらなる高みを目指すのであれば、何をすれば良いのでしょうか?

英語力を向上したければ「英語で学べ」

私がおすすめしたいのは「英語で学ぶ」ということです。「何だそんなことか」と言われそうですが、英語を学習の「目的」とすることと、学習の「手段」とすることには大きな違いがあります

英語で学ぶメリットは?

英語で考える力がつく

英語で何かを学ぶことの最大のメリットは、英語で物事を考える訓練になることです。分からないことがあっても英語で聞く必要があります。

英語のボキャブラリーが増える

教材に出てくるボキャブラリーは一般的なものが多く、専門的な分野に関して深堀りしていることは少ないでしょう。しかし、自分が興味を持っていることについてのボキャブラリーを増やせたら、海外に行ってもその学習や趣味を続けやすくなるのではないでしょうか。

英語で何かを学ぶと、いやがおうにもその分野のボキャブラリーに詳しくなるので、実用的な英語力の向上につながるのです。

教科書通りではないコミュニケーションに慣れることができる

先生も生徒も英語でコミュニケーションをおこなう場合は、必然的に雑談も英語になります。

生徒層によってはスラングを耳にする機会も多いでしょう。こうして、「生きた英語」を実体験することで教科書通りではないコミュニケーションに慣れることができるのです。

どんなことを英語で学べるの?

どのような内容を学べるかは、お住まいが日本か海外かで大きく変わってくるでしょう。

ただし、日本に住んでいても、旅行などの機会を活用することが可能です。

日本の場合

よくあるのは料理教室です。外国人の参加を主眼に置いているものから、料理と英語を同時に学ぶことを目的としているものまであります。

また、ヨガなどのスポーツを英語で学べるケースもあります。ちょっと変わったところでは、茶道を英語で学べる教室などもあるようです。

海外の場合

海外に長期で滞在する場合は、生涯学習講座や英語以外の語学学校に通うことが選択肢になるでしょう。

特に英語で他の言語を習うことはおすすめです。

短期で滞在する場合は、旅行者向けの料理教室などに参加するのもよいかもしれません。他の旅行者との共通語は英語となることが多いので、英語圏の国に限らず学べる機会はあるでしょう。

まとめ

英会話教室や教材を使って十分な英語力を身につけたら、実践を通じて英語力を積み重ねることがおすすめです。

英語を学習しながら、新たなスキルや知識も身について、まさに一石二鳥です!まずはご自宅の近くにこういった場があるか探してみてはいかがでしょうか?