はじめての海外旅行でも安心!旅で役立つ英語の学び方

  • eigodaisuki

海外旅行のイメージ画像

海外に行ってみたいけれど、英語ができないから怖い・・・
はじめての海外旅行は楽しみだけど、言葉が分からないから心配・・・

たしかに英語が話せれば、旅行先で不安に思うことも減り、旅の楽しい思い出が増えるでしょう。でも今さらどうやって英語を勉強したらいいの?

実は旅行英会話は、思ったよりも簡単なのです。ちょっとした準備と度胸があれば、より充実した旅となること間違いなしです。

スポンサーリンク

どうしよう。何を聞かれているのか分からない

まずはリスニング力をのばしましょう。相手が言っていることが、少しでも理解できれば、パニックにならずにすみます。そのために有効なのは、ネイティブスピーカーの英語を、できるだけたくさん耳にいれること。

よく「意味が分からなくても、英語を流し聞きするだけで自然と理解できるようになる」と言われていますが、これは初心者にはあてはまりません。

意味が分かっている単語、フレーズを繰り返し聞くことによって、リスニング力はアップしていきます。

旅行英会話の本はたくさんでていますが、必ずCD付きのものを選ぶことをおすすめします。理解したフレーズを、ネイティブの発音で繰り返し聞き、まずは英語独特のリズムやイントネーションに慣れていきましょう。

どうして!?暗記したフレーズが通じない

毎日CDを聞き、フレーズが聞き取れるようになってきたら、次のステップです。

せっかく覚えたフレーズを口にしたのに、相手に通じなかった、なんていう悲しい結果を招かないためにも、発音や英語独特のリズム、イントネーションを身につけることは大切です。

まずは声にだしてフレーズを読んでいきましょう。CDから英語が流れてきたら、すぐに発音を真似して読んでいきます。慣れてきたら、フレーズごと繰り返してみましょう。

最後は、流れてくる英語と一緒に声を揃えて読んでみます。リズムやイントネーション、スピードを意識して練習していけば、必ず通じる英語になります。

困った!なんて言えばいいのだろう

覚えたフレーズを使って話しかけ、答えてくれた相手の英語も聞き取れた!これだけでも嬉しいものですが、暗記したフレーズ以外にもいろいろ話してみたいという気持ちが沸いてきませんか?

まずは文を作る練習をしてみましょう。最初は短い1文でかまいません。「今日は○○をした」をいうようなことを、日記のように毎日書き記していきます。書くために必要な単語は辞書で調べ、覚えてしまいましょう。

慣れてきたら、今度は口にだして文を作っていきます。今自分がやっている行動や、目の前にあるものについて、なんでもいいので英語で表現してみてください。

そうすることによって英語を話すことに慣れ、始めに覚えた基本的なフレーズを応用していける力がつきます。

知っておくと便利な言葉や言い回し

基本フレーズを覚えていくうちに、似たような表現がたくさん出てくるなぁと思われるかもしれません。そのとおり、じつは英語は思ったよりも単純なのです。

ここでは旅先で必要となる重要な言葉や表現をあげてみます。

What ~ ? (なに)
Where ~ ? (どこ)
When ~ ? (いつ)
Who ~ ? (だれ)
Why ~ ? (なぜ)
How ~ ? (どのように、どのくらい)
これらが聞き取れれば、何を尋ねられているのか分かりますし、自分で聞きたいときも役に立ちます。

また「○○してください」は Would you ~ ?
「○○してもいいですか?」は May I ~ ?
「○○がほしい」は I would like ~ ?
と覚えておけば便利です。

たとえばレストランでの会話を例にあげましょう。

お店に入ってまず聞かれるのは How many people ?’(何人様ですか?)。
そして ‘What would you like to drink ?’(お飲み物は何になさいますか?)。
食事のオーダーには ‘I would like ○○’(○○をお願いします)。
食事中には ‘How’s everything ?’(料理はいかがですか?)と聞きにきます。

そして ‘Where is the rest room ?’(お手洗いはどこですか?)も覚えておきたい表現です。

レストランだけでも、こんなに「How」やら「would like」が使われるのです。是非、これらの言葉や表現を覚えて、使いこなしてみてください。

毎日少しずつ、役立つフレーズを繰り返し聞き、暗唱する。時間があるときは、フレーズを応用し、「おそらく旅行先で使うだろう」という場面を設定して、自分で文を作成してみる。これを続ければ、必ず英語がしゃべれるようになります。

そして実際の旅行で、その練習の成果を試してみましょう。最初はなかなかうまく通じないかもしれません。でも慣れてくれば大丈夫。英語でコミュニケーションがとれたときの嬉しさは、旅をより楽しくするだけでなく、英語の勉強をもっと続けてみようという意欲にもつながっていくことでしょう。