【あなたはどちら?】英会話学校で伸びる人・伸びない人

  • sachi

選択

英会話学校の講師をしています。とても楽しくやりがいのある仕事です。やめられません。

7年間、色々なタイプの方が通われるのを見ていますが、グイグイと伸びるタイプの方と、現状維持タイプの方と、大きく分けて2タイプの方がいらっしゃいます(後述のタイプは講師の力不足も要因です…反省)。

School

まずは、どちらのタイプの方にも共通する、学校に入会される二大理由を挙げておきます。

  1. 海外旅行
  2. 仕事

特に驚かない理由ですね。

ではどこで「現状維持タイプ」と「グイグイタイプ」に分かれるのか、先ほどの「学校に入会される理由」の例をタイプ別にして、もっと細かくしてみていきますね。

スポンサーリンク

現状維持タイプ

stop

1.海外旅行が目的の場合

旅行が好きなので、日常会話レベルの英語を身につけて海外旅行に行きたい。

2.仕事が目的の場合

  • 現在TOEIC500、昇進のためにTOEIC800点相応の英語力が求められている。
  • いずれ海外出向の可能性があるので英語の勉強を始めたい。

日常会話が出来るようになったら旅行に行こう、と考える慎重なタイプの方は目標が漠然としていいます。日常会話とはどのレベルなのか、いつまでに話せるようになりたいのか、具体的なことが決まっていない場合が多いです。自信がついたら行こう、では先の長い話でモチベーションも下がりやすいです。

また、TOEIC800点が目標の方は、一見目標が具体的にみえますが、目標ばかりに目が行って現状と目標の差が埋まりくい状態になっています。目標までのステップが見えず、まずは600点を目指すべきところを、基礎を飛ばして800点に心がいってしまいがちです。持っている教材は「800点突破」というものが多く、男性に多いタイプです。

グイグイタイプ

1.海外旅行が目的の場合

  • 来年の夏にイギリスに行くので、現地でバスやツアーを申し込んで自分で計画を立てて回りたい。
  • 以前、海外旅行で”water”が聞き取ってもらえず悔しかったので、次はレストランでのオーダーは全部ひとりで出来るようにしたい。

2.仕事が目的の場合

  • 来月に英語での会議のファシリテーターをするので、その練習がしたい。
  • 3か月後にアメリカに出向するため、自動車部品製造工場の現場指示が出来るようにしたい。
  • 海外から日本国内旅行の問い合わせに、まずは英語のEメールで対応出来るようになりたい。
  • 職場の雑貨屋に時々いらっしゃる中国人のお客様の質問に答え、商品が提案出来るようになりたい。

school

グイグイタイプの方で素晴らしいなといつも感心する点は、目標がとても具体的なのです。そのため、自身に必要なことが分かるので、毎レッスン必ず質問をされます。

最終目標が大きい規模のものであってもその過程が見えています。 例えば最終目標が3か月後のアメリカ出向の場合、その目標を達成するためには今から2か月後にはどうなっていたいのか、では1か月後は、はたまた1週間後は…と、いつまでに何が必要なのか、よく見えてきますよね。

出向の場合でしたら、学んでおくべきことは語学だけではなくなってきます。相手の国や文化を知り、仕事のスタイルを知っておくと仕事がスムーズになりますよね。必ずしも、仕事で英語を使うから、英会話ビジネスコースのテキスト1課からスタートでは無く、必要なこと、興味のあることを優先して学習できると効率アップです。

まとめ

  1. 「いつまでに」「なにを」「どのように」したいのかを決めましょう。
  2. 辞める時期を決めましょう。
  3. 1レッスンにひとつ質問をしましょう。

達成感があるだけでなく、モチベーションもあがり、先生の教え方も変わってくるはずです。

グループレッスンで他のクラスメイトがいる状況であれば、その方々の対応もきっとかわってくると思います。英会話学校に通っているけどなかなか現状打破できない方、是非お試しください。