洋楽を使って英会話を勉強しよう!

  • yuki1012

ヘッドフォン

洋楽を聴いて英語を勉強する」…というと、皆さんはどんなイメージを持つでしょうか?

結果的に言うと、洋楽を聞いて英語を勉強することは可能です。しかし、ただ聞き流すだけでは英語力アップにはつながりません。そこで「英会話」に絞って、洋楽を使った効果的な勉強方法をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

洋楽で学ぶメリット・デメリット

洋楽で勉強

洋楽で学ぶ英会話というのは、参考書や教科書などのリスニング教材で学ぶのとどう違うのでしょうか?

洋楽で学ぶと以下のようなメリットがあります。

  • 反復練習が苦痛でない
    英会話の勉強において、何回も同じフレーズを声に出してみることはとても大切なことです。音楽が好きであれば、反復練習も苦になりにくいでしょう。
  • とっつきやすい
    テキストで見ると英語の羅列ばかりで、すぐに飽きてしまうということもあるでしょうが、洋楽であれば好きな時に手軽に学べます。
  • 単語のつながりを意識できる
    英会話では言葉のリズムが重視されるので、よく単語と単語がつながって発音されます。歌でも当然リズムが重視されるので、実際の英会話に近い発音を学べます。
  • アウトプットしやすい
    歌うことが好きな方は特にですが、楽しみながら学ぶことができます。

しかし、わざわざテキストを使わずに音楽で勉強するわけですからメリットばかりではありません。以下のようなデメリットも把握したうえで勉強する必要があります。

  • 和訳は意訳が多い
    有名な曲になると、ネット等で検索すれば和訳が出てくることもあるでしょう。しかし、その和訳は曲のトーンや雰囲気をベースとしているのでその曲にしか使えない表現、意訳が多いことがよくあります。
  • 歌詞の省略部分
    あえて歌詞として単語を出さないで、曲を聴いている人に省略した部分を推測させる口語的な表現が出てくる場合があります。

  • なまりやスラング
    実際の英会話で使う表現でも、フォーマルな場面では使わないなまりやスラング表現も多く出てきます。あくまで、日常的な英会話を学ぶということに注意する必要があります。

しかし、洋楽を使った英会話の勉強は、特に音楽や歌うことが好きな方には抜群に効果があります。なにより洋楽を知っていれば、海外の人とのコミュニケーションの引き出しの一つにもなるでしょう。

では次に、具体的に洋楽を使った勉強方法をご紹介していきます。

洋楽での勉強方法

  1. 洋楽を選ぶ
    一番は自分の好きなアーティストの曲を選ぶことですが、「なまりやスラングの少ない曲」、「できるだけゆっくりした曲」というポイントで選ぶことが大切です。(カーペンターズやビートルズなどが最初はオススメ)
  2. そのまま聞いてみる
    まずは、歌詞を見ないでそのまま聞いてみましょう。この時にただ聞き流すのではなく、なるべく「何の単語を言っているのか」ということに意識を向けてみてください。
  3. 歌詞を見て聞いてみる
    この前のステップで聞いた単語の発音と、歌詞に書いてある単語を見比べます。意外と自分では完璧だと思っていた単語が、違う音に聞こえることに気づくでしょう。
  4. 歌詞の意味を理解する
    ここからが勉強となります。歌詞に書いてある文を一つ一つ理解していきましょう。分からない単語や表現は調べてもいいのですが、完璧に和訳していく必要はありません。
  5. 歌詞を見ながら発音してみる
    歌詞を大体理解したら、歌詞を見ながらでいいので、ボーカルの声に合わせて声を出してみましょう。ネイティブの発音を意識しながら、反復して(最低5回)歌うとさらに効果的です。
  6. 曲の発音と自分の発音を比較する
    歌っている最中の自分の発音は自分では分かりづらいので、録音やカラオケなどで実際に歌ってみましょう。自分の発音が曲の発音に近づいているのを確認してみましょう。

日本語の歌でもそうですが、好きな歌であれば何回も聞いているうちに歌詞を完璧に覚えてしまうなんてことありますよね。洋楽で歌詞を覚えるということは、すなわち英会話で使えるフレーズが増えるということです。

音楽が好きな方は是非、お気に入りの洋楽で英会話の勉強をしてみてはいかがでしょうか?

この記事を読んだ方には、こちらの記事もお薦めです→お手軽なのに効果バツグン!洋楽で英語力の向上