間違った英語の勉強法?日本人がはまる落とし穴

  • yuko

間違い

スポンサーリンク

日本人は英語が苦手?

日本人がはまる落とし穴:教科書学習?

先ず誤解のないようにしていただきたいのは、TOEICの点数を上げる、もしくは受験の為の英語力を身につけるのであれば、教科書に基づいた勉強は必須であるということです。

ごく平均的な日本人であれば義務教育とそれ以降の期間中に6年間は英語学習をする人が殆どでしょう。それによって多くのひとは、英語の読み書きが出来るようになります。場合によってはネイティブでも使わないような難しい単語や言い回しを身につけることもあります。

しかし、ごく平均的な日本人は長年の教科書学習に疲れ果ててしまい、せっかく身に付いたものも卒業と同時に教科書ごと捨ててしまい、大人になってから「英語が使えない」ようになるのもまた現実です。

日本人は英語が苦手なわけではありません。

実際、私たちの日常会話の中には多くの英単語が混ざっていますし、ビジネスマンであればマーケティング用語も何の苦なく仕事で使いこなせているはずです。

ここでは、テストの点数ではなく、実践で「外国人と英語で会話したい」ひとに向けた英会話力の「間違った」身につけ方についてご紹介します。

日本人がはまる落とし穴:外国人の恋人

日本人(特に女性)が勘違いしやすい落とし穴のひとつとして、「外国人の恋人をつくれば英語がしゃべれる?!」という甘い期待です。

結論はNOでしょう。

日本に滞在している外国人の多くは英語のネイティブではありませんし、仮にネイティブを見つけたとしてもアメリカやカナダのアクセントが強く、彼らとの会話で得られるのは彼らの訛りを含めた英語でしょう。

しかも、日本人の彼女をつくる彼ら自身は、「日本の女の子と喋って日本語を身につけたい!」と思っているのです。

日本人がはまる落とし穴:英字新聞

真面目な学生、もしくはビジネスの場で活用したいと考えているひとほど教材として使ってしまうのが、英字新聞です。

フィナンシャルタイムズのあの独特なピンクを小脇にかかえて出勤すれば、格好いいですね。時事問題や経済事情についてタイムリーに知ることができ、うまくすれば会話のネタにぴったりです。

では日本語に置き換えて考えてみてください。あなたは一日に何人の相手と、日経新聞の一面を飾っていた記事について会話しますか?

日本人がはまる落とし穴:英会話教室

では限られたお小遣いを全力投資して塾に通えば、そしてネイティブの教師とマンツーマンで会話すればきっと英語力が身に付くんじゃないだろうか?!

週に一回、月々数千円から。駅前の英会話教室にお金をかけることで、会社帰りに通っていればいつかは…そんなサラリーマンの夢をターゲットにした塾は五万とありますが、これも善し悪しです。

質のいい先生や仲間に運良く出会うことが出来れば英語の会話力が身に付くでしょうけれど、場合によっては時間とコストがかかってしまい、途中で諦めて挫折感を味わう、という逆効果にもなりかねません。

事実、英語塾が増えていても「日本人は英語がしゃべれない」という印象は世界的に見てまだ変わっていません。

英語での会話に備えること

日本人がこれから出会う英会話

例え母国語であっても、全ての話題について流暢に話すことはよほどの知識人でもない限り不可能でしょう。会社でも学校でも必要なのは、必要なテーマに関して、「質問に備えて答えを準備しておく」ことです。

駅の改札近くで仕事をしている通訳担当者は、外国人旅行者からの質問に備えて駅名や乗り換えの仕方などを英語で受け答え出来るよう準備しています。同じように、あなたが喋りたい分野に関してのみ英単語力をつけておく、あるいは外国人から投げかけられるであろうトピックに関してのみ英単語力をつけておく

それだけでも随分と短時間で「英会話」が身につくと思いませんか?

ぜひ、ご自身の得意分野をみつけて、それについて英語訳をいくつかひもといてみてください。あとは中学校のときに習った文法を少し思い出せば、面白く豊かな会話をするには十分です。