オーストラリア英語とは?アメリカ英語やイギリス英語との違い

  • TimTam

オーストラリア英語と他の英語を比較

オーストラリアは、アメリカやイギリスと並んでとても人気のある英語留学先です。またワーキングホリデーで訪れて、生活の中で英語を学ぶ人もたくさんいます。

日本人がオーストラリアで英語を学ぶ機会が多くなっていますが、よく聞かれるのは「オーストラリア英語は世界で通用するのか?」ということです。

答えは「Yes.」です。オーストラリア英語は、英語を母国語とする人なら誰でも理解できるし、どの国で使っても仕事や生活で問題が起きることは滅多にありません。ただ少し独特の特徴があるだけです。これから発音、単語、スラングなど、オーストラリア英語の独特の特徴をご説明します。

スポンサーリンク

オーストラリア英語とは

そもそもオーストラリア英語とはどういう英語なのでしょうか?一言で言うと「少しなまったイギリス英語」です。

世界で最も使用されている英語は、アメリカ英語とイギリス英語ですが、オーストラリア英語はイギリス英語に近いです。単語やスペルはほとんどイギリス英語と同じです。発音もイギリス英語に似ていますが、オーストラリア独特の発音があります。

日本で学んでいるのは普通はアメリカ英語なので、最初は少し違和感があるかもしれません。しかしオーストラリア英語は、アメリカ英語と比べると発音が単純でカタカナ表記に近く、日本人には学びやすい英語です。

オーストラリア英語の発音

オーストラリア英語の発音の最も目立つ特徴は、普通「エイ」と発音するところを、「アイ」と発音することです。

たとえばオーストラリアでは「Day」(デイ)がダイ、「Face」(フェイス)がファイス、「Mate」(メイト)がマイト、「Data」(データー)がダーター、「Tomato」(トメィト)がトマト、などというふうになります。(トマトは日本と同じです。)
固有名詞も「IKEA」(イケア)がアイケア、「Miro」(ミロ)がマイロです。

オーストラリア式の挨拶として「G’day mite」グダイマイト、というのが有名です。Good day miteがなまったものです。このような典型的なオーストラリア発音は、若い人や大都市(シドニーなど)ではだんだん影を潜めてきています。

とはいえ、今もテレビのアナウンサーはDayを「ダイ」と発音しています。「Today Tonight」という番組名は「トゥダイトゥナイト」で、曜日は「サンダイ、マンダイ」という風に発音しています。

オーストラリア英語の単語

イギリス英語とアメリカ英語は違う単語を使うことがあります。オーストラリア英語はほとんどイギリス式の単語を使います。例えば、アメリカで「Elevator」というところを、イギリスとオーストラリアでは「Lift」です。

以下、左がアメリカ、右がイギリスとオーストラリアの言葉です。
一階(First floor・Ground floor)、ビスケット(Cookie・Biscuit)、ガソリン(Gas・Petro)、お会計(Bill・Check)など。

オーストラリアとイギリスが共通していることが多いのですが、時々オーストラリアとアメリカが共通していてイギリスが違っている場合もあります。(例、Truck、イギリスではLorry)

オーストラリア英語のスペル

これもほとんどイギリス式です。

以下、左がアメリカ、右がイギリスとオーストラリアです。
色(Color・Colour)
名誉(Honor・Honour)
繊維(Fiber・Fibre)
中心(Center・Centre)
認識する(Realize・Realise)
特徴は、アメリカで語尾がorのものはour、erはre、zeはseに代わることです。

オーストラリアのスラング、独特の言い方

オーストラリアのスラング(俗語)や独特の言い方として、次のようなものがあります。 Barbie(バービー:BBQ)
Brekkie(ブレッキー:Breakfast)
Cuppa(カッパー:a cup of tea)
Ta(ター:Thank you)
Roo(ルー:Kangaroo)
Lolly(ロリー:Candy)
そしてRipper(リッパー)というのがありますが、これは日本の「立派」から来ています。Greatのように使われていて、意味は日本の立派と一緒です。

オーストラリア英語はカジュアルでフレンドリー、そして暖かい印象を与える英語です。ヨーロッパや他の国の人々にも決して悪くはとられません。むしろオーストラリア英語(発音)を話すと、親しみを持たれて好印象を与えるくらいです。

「郷に入っては郷に従え」ということなので、オーストラリアに来たら是非オーストラリア英語を思い切り学んでください。