イギリスに住んでみて分かった!アメリカ英語との違い(単語編)

  • Mimi

ロンドン バッキンガム宮殿

私が学生の頃、2年間イギリスで留学生活を送った時のことです。

それまで中学から大学までアメリカ英語に慣れていた私は、イギリス英語の発音やスペルの違いは少し分かっていましたが、実際に単語の違いは学ばなかったように思います。

ロンドンなまりの英語をコクニーと呼びますが、これは植民地であったオーストラリアでも使われています。

大きな違いはイギリス人はCANを「カン」と発音します。だからCAN’Tは「カント」になります。鼻から出るようなスノビッシュな発音です。

THEREを「ゼー」HEREを「ヒー」と言う感じです。

疑問文でも語尾を下げることもあります。

またスペルもERがREだったりしますから、THEATERTHERTRECENTERCENTREと言う感じです。

それよりなにより、単語の使われ方が全く違って戸惑った経験がたくさんありました。

例えば、友達とデパートの一階入り口で待ち合わせるのに、何と一階は「SECOND FLOOR」なのです。

一階の入り口付近で友人を待つこと数十分。危機を感じて2階から呼びに来てくれた彼女は、イギリスではFIRST FLOORはセカンドフロアと呼ぶこと、アメリカ式に一階で待ち合わせるのには、GROUND FLOORと言わなければならないことを学びました。

エレベーターのことはLIFTと呼びます。

彼女のアパートにも遊びに行きましたが、アパートはFLATと呼びます。

ポテトチップスを買っていこうとしたら、それはCRISPSと呼ばれるし、だったらチップスのことは何だろうと思えば、フレンチフライのことでした。

映画に行こうと誘えば、ムービーではなくてFILMと言うことでした。

地下鉄のことはアメリカではSUBWAYですが、イギリスではTUBEとかUNDERGROUNDと呼ばれます。

なので会話がちぐはぐになったり、理解に苦しむこともありましたが、あとになれば笑いの種です。

ここでアメリカ英語(左)とイギリス英語(右)の違いを整理してみます。

  1. FALL→AUTUMN
  2. COOKIE→BISCUIT
  3. FRECCH FRIES→CHIPS
  4. POTATO CHIPS→CRISPS
  5. APARTMENT→FLAT
  6. MOVIES→FILM、CINEMA
  7. SIDEWALK→PAVEMENT
  8. GAS→PETROL
  9. GARBAGE CAN、TRASH CAN→DUSTBIN
  10. FIRST FLOOR→GROUND FLOOR
  11. SECOND FLOOR→FIRST FLOOR
  12. THIRD FLOOR→SECOND FLOOR
  13. ELEVATOR→LIFT
  14. MOTORCYCLE→MOTORBIKE
  15. MAILMAN→POSTMAN
  16. BAR→PUB
  17. RAILROAD→RAILWAY
  18. ZIPCODE→POSTCODE
  19. PURSE→HANDBAG
  20. ROUND TRIP→RETURN
  21. ONE WAY→SINGLE
  22. GARBAGE→RUBBISH
  23. CANDY→SWEETS
  24. CAB→TAXI
  25. SCHEDULE→TIMETABLE
  26. RESTROOMやPUBLIC BATHROOM→PUBLIC TOILET
  27. VACATION→HOLIDAY
  28. BUS STATION→BUS DEPO
  29. PANTS→TROUSERS
  30. ZIPPER→ZIP
  31. CAN→TIN

まったく違うものもありますが、だいたいにているものや日本では馴染みの単語もあります。このほかにも探せばたくさん出てくるでしょうが、初めてイギリスに行って戸惑わないためにも、知識としてインプットしておいたほうがいいと思います。