英語上達は友達作りが大事!【外国人の友達の作り方と作る際の注意点】

  • fukase_yyj

外国人の友達と話す日本人

スポンサーリンク

1.外国人の友達を作るのが英会話上達の近道

英会話上達には、とにかく実践を積むことが大切です。

しかしその一方で、日常的に英語を使う機会があるという人は少ないと思います。

英語を使う仕事なら上達の機会もたくさんあるでしょうが、それは現時点で高い英語能力を持っていないと難しいものです。

そこで私がおすすめするのは、気軽に会える外国人の友達を作る事です。

そういうとハードルが高く聞こえてしまうかもしれませんが、いまでは便利なサービスもあり、日本にいながらにして簡単に友達は作れます。

2.外国人の友達を作るには

英語 友達 外国人

私がおすすめするのは、『Conversation Exchange』というサイト(無料)を利用して外国人の友達を作る事です。
このサイトでは「言語交換」に興味のある人が登録し、そこの掲示板を利用して友達を作ることができます。

ちなみに「言語交換」というのは、お互いの母国語を学びたい人同士が、それぞれに言葉を教え合い学習する方法のことです。

『Conversation Exchange』では、相手のプロフィールを見て連絡をし、そこのサイト上でやり取りを開始します。その時点でもすでに英語の勉強になりますが、やはり直接会って話をしたいとなれば、LINEのIDなどを交換することになります。
そのようにして個人的な連絡を取り合い、この相手で大丈夫と判断すれば、実際に日程を合わせてカフェなどで会うことになります。

3.言語交換のメリット

このようにしてカフェなどで会い、直接話すのは英語の上達にとても効果的です。

1つ目の理由としては、1対1で話すので内容の濃い会話ができることです。というのも、以前私は英会話上達の目的で国際交流パーティに参加したのですが、英語の上達には向いていないと感じました。
なぜならパーティには大勢の人がいるため、一人ひとりとの会話が挨拶程度で終わってしまうからです。
その点、1対1で会えばゆっくりと話を広げていけることができます。

2つ目の理由は、1対1なので、お互いが気に入ればまた会うことができることです。
つまり、国際交流パーティなどに比べると、継続的な関係を築きやすいのです。

3つ目の理由としては、比較的にまじめに語学を勉強しようと思っている人が多いということがあります。
国際交流パーティは、私の経験上ということですが、異性との出会いを目的にしている人(とくに外人男性)が多いです。よって、1対1で会い、お互いの文法間違いなどを教え合いながら勉強するというのは英会話上達に効果的であることが分かるでしょう。

その他にも外国人の友達を作るメリットはたくさんあります。
例えば、相手の国のことを知ることができるので、英会話の際に必要な知識を自然と身に着けることができます。
というのも、英会話には英語能力だけではなく、会話をするトピックが必要です。英会話学校などでは英語会話の運用能力を鍛えることができますが、相手の先生の話をたくさん聞ける機会というのは以外にないものです。

その他にも、外国人の友達がいるということは、英語の勉強においてモチベーションの向上にもつながります。

自分で英単語を覚えることは大切な事ですが、実際に使う機会がないとなかなか覚える気にならないものです。
そこで、今度友達に会った時にはこの単語を使ってみようというように、友達がいることでモチベーションを維持することができるのです。

4.外国人の友達を作る際の注意点

以上のように1対1で会い、友達になる事のメリットを挙げてきた訳ですが、その分気を付けなければ行けない事もあります。

先ほど、パーティよりは勉強目的の人が多いと言いましたが、もちろん中には言語交換をきっかけとして交際関係を考える人もいます。

したがって、そのような関係を目的としていないのであれば、同性の人にコンタクトを取るのが無難でしょう。

それから、自分の英語能力があまり高くないと自覚がある人は、向こうがある程度日本語を話せるかどうか確認しておくと良いです。
というのも、両者がともに初心者であれば、会話が続かなくなってしまうことがあるからです。

以上のような注意点さえ気を付ければ、あとは実際に友達を作ってみると良いと思います。英会話の上達はもちろんのこと、外国人の友達を持つというのは価値観も広げてくれるという点で素晴らしいものです。