デキるビジネスマンが実践している3つの効率的な英語学習法!

  • pekotaro

学習

英語を使いこなすためには、留学などの海外経験や帰国子女ではないと難しい、と思ってる人は多いかもしれませんね。

訪日外国人が増えているなか、実際に英語でコミュニケーションをとったり、英語で道案内ができたりすると、とっても楽しいですよね。

しかし、これまで英語に触れた経験があまり無いからといって、英語を使うことを躊躇してしまう人は多いのではないでしょうか。でも大丈夫です。ご安心ください!たとえ英語の経験が浅くても、うまく効率的に勉強をすることで、ビジネスシーンで英語を使いこなしている人はたくさんいるんですよ。

つまり、コツさえつかめれば、ある程度の英語は使えるようになるということです。そのコツとはたったの3つ

3つだけなら、たとえ英語に苦手意識がある人でもチャレンジできそうですよね。今回は、デキるビジネスマンが実践している効率的な英語学習法について、3つのコツに分けてご紹介します。

スポンサーリンク

英語のシャワーを浴びよう

シャワー

まず1つ目のコツは、英語のシャワーを浴びて、英語の耳に慣れることです。

どういうことかといいますと、ネイティブが発音する英語を、毎日継続して聞き続けることです。まるでお風呂のシャワーのように、あなたの耳に英語を浴びせるのです。

最初は聞き取れないことが多いですが、まずは聞き流すだけで大丈夫です。

とにかく、継続してネイティブの発音を聞くことが大事なのです。

TOEFLやTOEICなどの資格教材でも良いのですが、おすすめなのは、NHKラジオ講座ENGLISH JOURNALです。

NHKラジオ講座は、さまざまなレベルに合わせた教材となっているため、あなたに最適な講座を見つけることができるでしょう。

ENGLISH JOURNALは、誰もが知っている俳優やアーティスト、政治家などのインタビューを聞くことができます。映画や音楽が好きな人には親しみやすいでしょう。

書店へ出向けば、所狭しと英語学習の書籍が並んでいます。中身をパラパラと見てみて、これなら取りかかれそう!とあなたが直感で感じる材料を選んでくださいね。

音読をしてみよう

話す

2つ目のコツは、1つ目で聞いていたネイティブの英語を、真似して音読してみましょう。ここでは、テキストをみながら音読しても構いません。

重要なのはネイティブの真似をしてみることです。

私たち日本人は、いわゆる”カタカナ英語”に陥りがちですね。

しかし、ネイティブスピーカーには、カタカナ英語が通じないことが多いです。いくら努力を重ねても、ちょっとした発音で意思疎通できないなんて、とてももったいないですよね。

ポイントは、少しでもネイティブの発音に近づけるよう、大げさに発音の練習をしてみるといいですよ。

身振り手振りを付け加えながら、楽しく練習してもいいですね。ちょっと恥ずかしいなと感じるくらい大げさな方が、私たち日本人にはちょうどいいかもしれませんね。

文を書き出してみよう

書く

最後の3つ目のコツは、みなさん既にご存知かもしれませんが、英語と日本語の語順は逆になっています。

あなた自身が実際に英語の文章を書くことで、日本語の語順ではなく、英語の語順を意識せざるを得なくなります。最初のうちは辞書や参考書を引くことが多いかもしれませんが、段々と英語のパターンに慣れてくることができます。パターンさえ覚えてしまえば、ある程度の英語の文章は書けるものです。

現在はインターネットの普及によって、外国へわざわざ行かなくても、英語に触れられる様々なサイトが存在します。

例えば、Lang-8 というサイトでは、英語のネイティブスピーカーが、あなたの英語の文章を添削してくれますよ。もちろん無料で利用できます。