マジか…あなたが英語を聞き取れない最大の理由とは?

  • stayminimal

聞き取れない

英語のリスニングが苦手・・・
英語が聞き取りずらい・・・
発音の違いがうまく聞き取れない・・・

英語を勉強する上でぶち当たってしまう様々な壁。その中でも、よく上げられるのがリスニングです。TOEICやTOEFLなど、あらゆる英語テストの中に必ずと言っていいほどリスニングの項目があります。

英会話でも重要なのはリスニングです。リスニングができないと相手の言っていることが理解できないため、そもそも会話が成立しません。

楽しいはずの英会話が苦痛の時間になってしまっては、英語を勉強するやる気も
なくなってしまいますよね。

でもどうすればいいのか分からない・・・

そんなあなたの英語は、もしかするとカタカナ英語のままになっているかもしれません。それこそが英語が聞き取れない最大の理由なのです。

スポンサーリンク

英語を聞いているのに耳は日本語を聞いている?

そもそも何故、英語が聞き取れないのでしょうか。

英語の教科書で見たことのある単語なのにリスニングになると全く別の単語のように聞こえてしまった、という経験はないでしょうか?そこに実は問題が潜んでいます。

まずは、この動画の中の英語が聞き取れるかチャレンジしてみましょう!

あれ??日本語に聞こえたりしませんでしたか?

英語を聞いているはずなのに、日本語の字幕が付くと何故か日本語に聞こえてしまう・・・

実は、ここに英語が聞き取れない理由があります。

私たちは普段、日本語という言語を使ってコミュニケーションを取っています。
人と話すときも、テレビを見るときも、本を読んだりスマホを見たり、動物たちと触れ合うときさえも根底にあるのは日本語というベースです。

つまり、私たちは身の回りの音を日本語という言語に無意識のうちに置き換えているのです。

つまり、英語を聞いているはずなのに、耳はそれを必死に日本語として聞こうとしているワケです。

英語と日本語は全く別の言語

私たちのベースには日本語があります。これは、日本に生まれ育ったのですから仕方ありません。そこを出発点にしましょう。

そこで英語を聞くためにまず初めに持っておくべき認識は、日本語と英語は言語として全く別物ということです。

えっ、そんなの当たり前じゃないか!

そうです。そうなんです。ただ、この当たり前のことを当たり前として認識せずに英語を聞いてしまうと必ず壁にぶち当たるのです。これがあるか無いかでかなり違ってきます。

特に、最近はカタカナ英語が様々な場面で使われています。パソコン・ブックマーク・ファイル・ウインドウ・ヘルプ・コメント・ツールなどなど・・・

しかし、コメントの「コ」とcommentの「co」は全く発音が違います。

同様に、ツールとtoolも全く違います。

seaとsheの発音の違いを説明できますか?日本語にしてしまうとどちらも「シー」です。でも発音の仕方も聞こえてくる音も全く違います。

もしその状態のまま英語を聞き続けても、その音は英語とは認識されないままです。なぜならあなたの耳は日本語を聞いている状態だからです。

「聞く」より「話す」ほうがいい?

じゃあ、英語を英語として聞こえるようになるためにはどうすればいいの?
何かいい方法ってないの?

あります。それは、聴くだけのリスニングを止めることです。

ずっと同じ文章を聴いていても、「日本語」で理解しようとする状態から抜け出すことはできません。

もちろん、100回くらい聴けば違いは分かるかもしれません。でも、そこまでするのには相当な根気がいります。

大切なのは、聴くことよりも「口に出してその単語を発音する」ことです。

耳で聴いた音をそのまま真似して口に出してみましょう。

ポイントは、聴こえてきた音と同じ発音で何度も口に出すことです。外国人の講師などに発音の矯正などしてもらえれば効果はグンと上がります!

人は、自分の発する声を自分の耳で聴いています。自分で言った英語を自分の耳に覚えさせるのです。

英語を英語として自分の耳に覚えさせること。

これが、英語を聞き取るための一番大切なポイントになるのです。

まとめ

今回は何故英語が聞き取れないのか?についてまとめました。

言語という点から見ても、英語と日本語は全く違う性質をもったものであるということを理解しておかなければいけません。

リスニングのこの部分が聞こえないんだけど・・・と思ったら、まずはその単語の発音を英語として認識できているかに注意してみましょう。