留学を通した英語学習のメリット・デメリット

  • あき

留学 イメージ

グローバル化が進んでいる現在、日本でも多くの人が英語学習に力を入れています。例えば小学校では入学時から英語の授業が取り入れられたり、英語学習の塾なども増えたりしており、英語を学習する環境はだんだんと広がりつつあります。

その中でも、特に効果があると言われているのが実際に英語が話されている国に留学することです。

近年、多くの高校や大学で短期、長期留学ができるプログラムが実施されており、多くの若者が外国に留学に行きやすくなっています。

現地に行き、実際に生の英語を毎日のように耳にしていれば自然と耳は慣れてきてそれが話す力にもつながってくるのです。しかし、ただ現地に行くだけではもちろん英語は話せるようにはなりません。

ここでは、留学するに当たってのメリットやデメリットを学生という立場から話していきたいと思います。

スポンサーリンク

留学をするメリットとデメリット

英語学習に対する留学のメリット

まず、留学するメリットとしては先ほど述べたように、生の英語に触れることができるということです。

日本で英語を学習することももちろん大事ですが、どうしてもリーディング、ライティングの学習に偏りがちであり、いざ話そうとしても話せない人が多いのが現状です。

実際に海外に出ることで、その国の訛りだけでなく、スラングや独特の言い回しなども学ぶことができます。これにより、より自然な英語を身に付けることが出来、外国人との会話もスムーズにできるようになります。

特に、現地の学校に通うことになれば、もちろん英語”を”学習するのではなく英語”で”学習することになるので嫌でも英語は上達します。

現地の友人と出かけることで英語での会話量が増えるだけではなく、現地の文化や風習も知ることが出来るのでそれも留学の醍醐味と言えるでしょう。

日本ではどうしても英語だけを話さなければいけないという環境が少ないので、実際に現地で拙くても英語で自分の意見を伝えることが、英語力、特にスピーキング力を上げるのに最も適した方法です。

また学生で留学するとなれば、自分で自分のことをやらなくてはいけなくなるので、自立心も鍛えられます。

日本で机に向かって勉強するだけでは絶対に体感することのできない生活を送れるという点で留学は英語学習には非常に適した方法であると言えます。

英語学習に対する留学のデメリット

一方で留学にはデメリットもあります。一つは高額なお金がかかるということです。

昔に比べれば留学は当たり前のようなことになってきているとは言え、留学するとなると生活環境も丸っきり変わることになるので滞在費や生活費が日本にいる時よりもさらにかかることになります。気軽に行ける旅行とは違うので、その辺は注意が必要です。

また学生が留学した時によく耳にするのが引きこもりになってしまうというケースです。留学に行ってすぐの頃は英語が話せず、他人とコミュニケーションを取るのが難しいと感じてしまうと、どうしても日本にいる家族や友人とばかり連絡を取ってしまいがちであり自ら英語を話す機会をなくしてしまうケースは少なくありません。

さらにホストファミリーとの相性が悪く、留学中に何度も引っ越しをすることになったり、場合によっては途中帰国せざるを得ない状況になることもあり得ます。

学校で日本人と固まってしまい、英語を話すことがほとんどなくなってしまうという場合もあります。

留学というとどうしても楽しくて充実した生活を想像しがちですが、必ずしもそうではないことを覚えておく必要があります。

終わりに

留学が以前より気軽にできるようになった現在、日本でも多くの学生が留学に行けるようになりました。

英語圏というとアメリカやイギリスを思い浮かべるかと思いますが、オーストラリアやフィリピンなども英語圏の留学先として人気が高まっています。

留学は英語力を上げることはもちろん、自分自身の自立心も鍛えることが出来るので人生に大きな刺激を与える出来事となるのは間違いありません。まずは短期留学から始めて、余裕や士気があれば長期留学にチャレンジしてみるのも良いかもしれません。